求人情報を探すとき、できるだけ時間をかけずにスピーディに理想の職場を見つけ出したい、と誰もが考えることかもしれません。そこで、効率よく求人情報を探すためのコツをアドバイスします。それは、業種に特化した情報を見つけ出すことなんです。例えば、調理師として働きたい場合、調理師を募集している求人サイトを活用することで、理想の職場を早く見つけることができるのです。

→こちらのホームページは、サポートナビ調理師の公式サイトです。調理師の求人情報だけをピックアップして導き出せるコンテンツとして非常に使い勝手がいいと評判のサイトです。アクセスすると分かりますが、条件を選択することで、自分の理想に近い情報を表示させることができるようになっています。

条件は勤務地のほかにも、こだわりとして見経験者歓迎、ブランクOK、そのほか働き方として扶養内OK、土日祝日休み、週3日以上など、それから待遇面や職場環境もこだわりたいですね。もっと細かく指定したい場合はフリーキーワードにこだわりたいと思うことを入力すればOKです。また、無料で会員登録を済ませておけば便利に活用できます。気になる条件を記録しておくことができるので、後でまとめて確認することも可能になります。

歯科助手として働きたい場合、資格が必要かどうか気になるところです。結論から言うと、歯科助手は資格が必要です。診療機器の取り扱い方はもちろんですし、事務の基礎知識も必要になってきます。それらを身につけるために受講するわけですが、専門学校に通うという道もありますし、通信教育で学ぶという方法もあります。本を購入して独学で学ぶという方もいるようなので、歯科助手になるためにどんな方法なら知識を身につけることができるのか、自分に合うタイプを選んでいきましょう。

そのほか気になることといえば、資格を取るために必要となる費用です。例えば通信教育で講座を受講する場合、受講回数にもよりますが50,000円ぐらいが相場のようです。高いところですと10万円というところもあります。少しでも受講料を安くしたいという場合は、ハローワークへ申請書類を提出しましょう。教育訓練給付金制度を利用することで、総額から20%を割り引いた値段で受講することができます。

申請して認定されるためには条件があります。通信講座の受講中に提出物をしっかり提出することや平均点以上の得点を獲得していること、通信講座企業側が申請している本人が受講していると確認していること、この二つです。

最近話題の資格に「歯科助手」というものがあります。

人気芸能人が通信講座で取得したところから、人気の資格となっているようですね。

歯科助手と似たものに「歯科衛生士」というものもあります。

では、この歯科助手と歯科衛生士の違いを説明できますか?

一番わかりやすいものでいうと、歯科助手は資格がなくても仕事ができます。

対する歯科衛生士は国家資格です。

短期大学や専門学校などに通い、受験資格を得たあとに国家資格に合格する必要があります。

国家資格ですので、資格がなくては仕事ができません。

仕事内容に関しても、歯科衛生士は歯科医の指示のもと、歯科予防処置や歯科診療補助などを行うことができます。

しかし、歯科助手に関してはこれらのことはできません。

主な仕事内容としては、器具などの洗浄や準備・受付業務などがあげられます。

こう見ると、歯科助手は資格がなくても仕事ができるのだから、資格をわざわざ取得する必要がないのではないか?

そう思いますよね。

確かに資格がなくてもはたらくことはできますが、器具の名前や専門用語などを理解するために、資格を取得しておくことを推奨しています。

資格を取得することで、働く準備ができるというわけですね。

歯科助手の資格は民間のものですが、通信講座などで気軽に取得できるため、空いた時間に挑戦してみてもいいですね。